映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

今日は一足早いクリスマスケーキが届きました(笑)
今年は今日と23日に一個ずつケーキが届きます。いろいろ見てたら一個に決められませんでした。。。優柔不断。

ちなみに今日届いたのはこれと同じのです。
http://www.rakuten.co.jp/sakuranbo/472341/473803/
山形にもこんなにおいしいケーキを作るお店があったとは...。病み付きになりそうなくらいおいしかったです。これはお奨め。

クリスマスのケーキと言えば、大学生3年のクリスマスの事を思い出してしまいます。


当時、私は某スーパーマーケットチェーンでバイトをしていました。2004年に産業再生法を適用されたあの会社です。


11月になりクリスマスが近付いてくると、社内ではクリスマスケーキの予約の紙が回ってきました。回覧はケーキの写真と名前の一覧が印刷された紙(予約用)だったのですが、このケーキがまた微妙。大きいだけの生クリームケーキやあまり魅力的とは言えないサンタの乗ったチョコレートケーキなど、微妙どころがずらり。
そんな中、やけに目を引くケーキを発見。大きさは7号だか8号で結構大きめ。そしてケーキの頂上には類似率60%程度のキティちゃんが座っているケーキがありました。他のケーキが軒並み3000円の中、こいつの値段は5000円オーバー。
とても社販とは思えない価格設定。家計に優しくない事間違いありません。

予約管理用の用紙を見てみると誰一人このケーキを注文してません。


そうなると何だかこのケーキが不憫に思えてきました。

誰からも注文されないケーキ...。
誰にも食べてもらえないケーキ....。

・゚・(ノД`)゚・。

誰からも必要とされず、一人寂しく過ごす予定の俺のクリスマスのパートナーはこいつしかいません。すぐさま予約用紙にこのケーキの番号を記入。俺が買ってやるからな....。


一ヶ月後のクリスマス一週間前。ケーキを予約した事などすっかり忘れた私の元に、回覧が回ってきました。


「23日と24日にケーキをお渡ししますのでご連絡下さい」


自分で申し込んでおいてなんですが、まさに青天の霹靂。寝耳に水。甘いものは好きなのですが、あんなデカイケーキを一人で食べる自信はありません。そもそもそんな大きなケーキをどうやって持って帰っていいのかすら見当が付きません。まさしく大ピンチ。
バイト中もずっとどうしようか悩んでましたが、お客さんの応対をしているうちに忘れてしまいました。

そして一週間後。出勤し、レジ横の荷物を置くところを見ると見慣れない紙が置いてありました。
ふと目をやると「ケーキ引換券(....キティ...)」。。。
...
.....
......
結局、バイトの帰りにその日のバイト代とほぼ同額のケーキを購入し帰る事になりました。半日働いた意味ねぇぇぇぇぇ。
一人では食べきれない事は確実なので、帰り道にとりあえず友達に声をかけてみることにしました。


結果 → 声かけた4人全員ゲット


俺の友達もてねぇぇぇぇ。
クリスマスイブの夜に、男にケーキ食べないって誘われて二つ返事で来るのってどうなのよ。
俺は嬉しかったけど。。。

そんなわけで男5人でキティのケーキを分けて食べました。これだけ集まると大した量でも無かったです。むしろ少ないくらいでした。
結局一晩ゲームしたり酒飲んだりして過ごしました。
気を遣わず楽しく過ごす。あの時は何て切ないクリスマスなんだ...と悲しい気持ちでいっぱいでしたが、今振り返ってみると人生で一番楽しいクリスマスだったような気がします。


クリスマス嫌いな人は結構多いですが、クリスマスは何が無くとも楽しいです。サンタクロースとか言う髭ボウボウのおじさんが街中を闊歩出来るのもクリスマスだけです。クリスマスじゃない時期にあんなおじさんが歩いてたら浮きます。浮きまくりです。
それにイルミネーションもすごい綺麗です。クリスマス時期以外にあんなイルミネーションしてもチカチカ鬱陶しいだけです。

そう、クリスマスは楽しいんです。
もっとクリスマスを楽しみましょう。