映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

魔法にかけられて


おとぎの国“アンダレーシア”に暮らす、心優しいプリンセス・ジゼル(エイミー・アダムス)。ある日、悪の魔女に騙されてはるか彼方の世界へと追放されてしまう。そこはなんと現代のニューヨーク! 大都会では浮きまくり、途方にくれたジゼルが出会ったのは、バツイチ・子持ちの弁護士・ロバート(パトリック・デンプシー)。“超”のつく現実的なロバートに、ジゼルは永遠の愛を伝えようとするのだが…。ジゼルの婚約者、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)も彼女を救うべくやってきては、魔女も彼女を追ってきて、ニューヨークの街は大混乱。果たしてジゼルは魔女の呪いを解いておとぎの国に帰ることは出来るのか…?

魔法にかけられて 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮にて。
アニメと実写をひとつの作品の中で表現しためずらしい作品。
よく言えば現代の感覚からずれている*1ジゼルとエドワードが繰り広げるドタバタ劇は、思わずふきだしてしまうようなシーンが多くて非常に楽しかったです。
特に、普段ディズニー映画は全く観ないためか、ジゼルがミュージカルのように大勢を引き連れて歌って踊るシーンはとても新鮮でゆかいな気分になりました。


基本的には上に書いたとおり非常に楽しい作品でして、ちいさい子どもと一緒に観てもいいと思ったくらい対象年齢が幅広い作品だと感じたのですが、ところどころにぎょっとする場面もあって大人でも決して物足りなさは感じませんでした。
ゴキブリと鳥が一緒に部屋の掃除をするシーンがあるのですが、ジゼルが歌い、それに合わせて両者が仲良く掃除をしているホノボノとしたシーンが一転、掃除が終わった瞬間ゴキブリが鳥にバリバリと音を立てて食べられてしまい、ちょっとびっくりしてしまいました。
# 残酷だという理由で驚いたわけではなくて、そのタイミングでゴキブリが食べられてしまう意外性で驚いてしまいました


また、エドワードがジゼルを探してアパートの一室一室を探してまわるシーンがあるのですが、出てくる人たちがなにかの隠喩なのか一見なんでこういう人が出てくるのかさっぱり分からず考え込んでしまいました。


ま、今でもよく分かっていませんけどw


そんなちょっとした遊び心も加えられていて、すごく見応えがありました。ふだんの嗜好から考えたら、ディズニー映画を観るなんてまさに出来心としか思えませんが、でもこれは観てよかったと思います。


公式サイトはこちら

*1:悪く言えばかなりバカっぽい