映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

カンフーパンダ


中国で最も美しい安住の地“平和の谷”が、極悪カンフー・ウォリアー、タイ・ランに襲撃された。彼に対抗できるのは、カメ賢人のオーグウェイに選ばれた勇者のみ。選抜大会で見事な武術を披露するマスター・モンキー、マスター・カマキリ、マスター・タイガレスら、カンフーの達人たちを差し置いて選ばれたのは、ずんぐりむっくりで、ぐうたらなパンダのポーだった! ポーは偉大なマスター・シーフーのもとに弟子入りし、最強のカンフーマスターを目指すことになる。しかし待ち受けていたのは、とんでもなく過酷な訓練だった! 見るからに頼りにならないパンダが、最強のカンフー・マスターを目指して奮闘し、観る者に自分の力を信じることの大切さを教えてくれるアクション・アドベンチャー

カンフー・パンダ 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮にて。
ひょんな事からカンフーマスターを目指すことになったパンダの成長譚。とは言っても、ただパンダが修行をして強くなるという展開ではなくて、ポー(主人公のパンダ)やポーに関わる全ての人たちの心の成長がメインで描かれていてとてもハートフルな作品でした。


それと映像が面白くて観ているだけで引き込まれました。カンフーと頭に付いているのでアクションシーンには力を入れて欲しいなとひそかに思っていたのですが、もうその願いを100%かなえてくれた点もとてもよかったです。手や足、棒をつかってビシバシ闘う姿は、ジャッキーやサモハンの作品を彷彿とさせられました。箸をつかって食べ物を奪い合うシーンなんかも笑いどころとしてうまく取り入れられていて非常に面白かったです。


もうひとつ。
この作品を観て感じたのは、教育論がこの作品の隠れたテーマなのかということです。

    1. 教える相手を信じる
    2. 相手にあった教え方をする


こんな事を言いたいんだろうなというシーンがいくつか盛り込まれていて、どういう意図でこんなメッセージを入れたのだろうと気になりましたが、単に感動するポイントとして追加されただけかも知れません。笑えるだけの作品と思っていたらこんな事が出てきたので少しおどろいてしまいました。


それにしてもストレートに笑えるシーンが多かったのと、家族連れが多かったおかげで、笑いがたえなくてとても楽しく鑑賞することが出来ました。
正直、予告を観る限りではポニョと並べて比べると全然魅力が感じられない地味*1な作品というイメージだったので、話題作だし観ておくか程度の考えで見たのですが予想外に大当たりでとても楽しめました。こういう誰が見てもそれなりに楽しめる娯楽こそ、昔から言われている映画らしい映画なんじゃないかいう気がします。


身の回りの人全員にいますぐお奨めしたい作品です。


公式サイトはこちら

*1:見た目は派手なのですが存在が地味だという印象です