映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「良い映画」と「好きな映画」の違い。

 こういう「作品をはかる個人的な価値基準」って、なるべく言語化しておいた方がいいと思うのよね。何でかっていうと、ネットの感想文とか読んでると、自分の感じることのできる範囲が世界の常識だと思っているひとが結構いるから。でもそれは頭が悪いとか、心が狭いとか、常識がないとか気が狂っているとか、そういうことではないと思うのよ。

2008-09-06 - 絶叫機械+絶望中止

正しく理解しているかどうか分かりませんが、何となく言いたいことは分かる気がします。
そんなわけでこの話に乗って、価値基準を言語化してみます。

好きなジャンル


「不完全燃焼な青春」


基本的には青春物がとても好きなのですが、でも、「リンダリンダリンダ」みたいにすごい事をやりきったぞー!!っていうんじゃなくて*1、「特に何もなかったなー」とか「あー、あれもやりたかったなー」、「あれでよかったのかな...」みたいなモヤモヤした感情を残したまま学生時代を終えるみたいなそんな青春を描いた作品がとても好きです。学生時代に同じサークルにいた女の子との微妙な関係がはがゆかった「虹の女神」とか、特に何もない高校生の日常を描いた「檸檬のころ」*2がいい感じです。


最近そういう作品観ていないなー。

*1:リンダリンダリンダもすごく好きな作品だけれど、それはここでは割愛

*2:一部達成感を感じてしまう部分があって非常に惜しいのですが十分魅力的な作品です