映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

252 生存者あり


関東に直下型地震が発生して数週間後。都心の機能は回復しつつあったが、この地震の影響で太平洋の海水温度が急上昇、史上最大規模の巨大台風が臨海副都心に迫りくる! 東京消防庁ハイパーレスキュー隊が必死の救助にあたるなか、音波探索機が壊滅した新橋の地下から「2、5、2(ハイパーレスキューが実際に使用している生存者ありの暗号)」の音を捉えた…。地下に残された生存者の命を救うため、巨大台風の猛威に立ち向かうハイパーレスキュー隊消防救助機動部隊)の活躍を描く。『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生がメガホンを取る。

252 生存者あり 映画作品情報 - シネマカフェ

宇都宮ヒカリ座にて。
大型地震の影響で発生した超巨大台風により壊滅的なダメージを受けた都心を舞台にしたディザスタームービーなのですが、冒頭に見せた盛り上がりが非常によくてかなり興奮しましたが、終わってみればこじんまりと小さくまとまって終わってしまった印象を受けました。前半の良さが、かえって後半(特にラスト)の不出来を浮き立たせる感じになってしまいましたが、全体を平均して観るとそれほど悪い作品ではないです。出演されている方に興味がある人であれば結構楽しめる作品ではないかと思いますが、ディザスタームービーが観たいとか予告がおもしろそうだったという理由であれば観ないことをお奨めします。


ここまでの感想を読み返してみて「おもしろくなかったよ」的な感想っぽくなってしまいましたが、実際はそれほどでもないです。
海が荒れ狂う映像とか大きな波が銀座や新橋に押し寄せる映像はとてもよく出来ていて普段駅やその付近を利用する人にとってはとても興味深いだろうし*1、異常事態に陥った人々が少しずつ心を開いていく様子は悪くなかったです。


でもそれ以上に突っ込みどころが多過ぎて、なんだか真剣に見ているのが悲しくなってくるのです...。
ものすごいピンチなのに長々と話をしていたりなんてのはその最たるものでして、もうなんなのよと。一刻を争っている時にこんな悠長なこと出来ないですよね。救助に使える時間は18分しかないって言ってるのに5分近く話し込むのって死にたいって言ってるのと同義じゃないんですか?


自然災害物だからこそリアリティが大事なのに、こんなシーンを撮ってしまっていることにとてもがっかりしてしまいました。


そういえば子役の大森絢音ヴィッキー・チャオにすごく似てるなーと思ってみていたのですが、帰ってきてから調べてみたら全然似てなくてこれまたびっくりしました。でもこの子は大きくなったらかわいくなるような気がします。

公式サイトはこちら

*1:わたしは数回しか行ったことがないのでそれほど思い入れはないです