映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「パブリック・エネミーズ」見たよ


鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロージョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為、強者から金を奪っても弱者からは一銭も奪わないといった独自の美学を貫くカリスマ性に、不況に苦しむ多くの国民は魅了され、彼をスターのごとく崇めた。そんな中、デリンジャーは一人の女性・ビリー(マリオン・コティヤール)との運命的な出会いを果たす。ビリーもまた危険な選択だと分かりながらも、彼の強引で一途な愛に次第に惹かれていく。一方で捜査当局は、デリンジャーをアメリカ初の「社会の敵ナンバーワン(Public Enemy No.1)」として指名手配する。捜査の包囲網に追われながら、永遠の愛を信じた2人は自由への逃亡を決意する――。大恐慌の1930年代、庶民の心を虜にした伝説の犯罪者、ジョン・デリンジャーと彼の愛した女性のスリリングな逃亡劇を描く。

パブリック・エネミーズ 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮にて。


実は結構前に観ていたのですが、観たこと自体忘れてしまっていました...。
鑑賞している間はひじょうに楽しく見ていたことはおぼえているのですが、観終わると本当に自分の中になにも残っていなかったようで感想を書くことをすっかり失念していました。てへへ。


そもそも、私自身、銀行強盗で生計を立てるということ自体に現実味もなければ憧憬も抱いていないのでしょうがないのですが、全体的に琴線に触れる部分がこの作品にはほとんどありませんでした。もちろん、デリンジャー演じるジョニー・デップは一挙手一投足のすべてがかっこいいために、公権力を嘲笑うかのように強盗や脱獄を繰り返す彼が世間から憧れの対象として見られる状況にも十分な説得力は与えられており、映画の完成度としては文句のつけようがないくらい高かったことは間違いありません。


ただ、いくらかっこよくても結局は銀行強盗じゃない、というところにわたしは引っ掛かりを覚えてしまうわけで、義賊でもなんでもない彼がここまで英雄扱いされることに、一定の理解は示せても心底同意することは出来ないのです。ただ、恐慌下という時代背景などをもうすこししっかりと理解することでまた見え方も変わってくるのかも知れませんので、また何年かしたらもう一度観て見ようと思います。


公式サイトはこちら