映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「きな子 見習い警察犬の物語」見たよ


父のような訓練士になりたくて、番場警察犬訓練所に見習い訓練士としてやってきた望月杏子(夏帆)。そこで生まれて間もないラブラドールレトリバー・きな子と出会う。だが体が弱いきな子をここには置けない、警察犬にはなれないと所長の番場晴二朗(寺脇康文)に言われた杏子は「私が、きな子を警察犬にします!」と思わず口走ってしまう――。失敗にめげず日々厳しい訓練にはげむ、ズッコケ警察見習犬「きなこ」の実話を映画化。

きな子〜見習い警察犬の物語〜 映画作品情報 - シネマカフェ

宇都宮ヒカリ座にて。


実話をベースにした作品だそうですが、よく言えばスタンダードな、嫌な言い方をすれば予定調和な作品でした。観ながら思った「これからたぶんこう展開するんだろうな...」というわたしの予想や期待はひとつ残らず当たったのでそれはそれで気持ちがよかったのですが、でももう少し驚きというか刺激ある展開があってもよかったんじゃないかなと思います。
調教師の夢を諦めて仕事を失った杏子がふと見かけたキャバクラで働き出してあっという間にNo1になるんだけどやっぱり調教師になりたいと思い立ってキャバクラでためたお金で警察犬の訓練所を立てて逆にみんなを雇っちゃうくらいのサプライズな展開はあっても面白かったんじゃないかなと。いや、もちろん冗談ですよ。


ただ、それでも観る前は「マンネリに陥りそうだし観ていて飽きるんじゃないかな」と考えていたわけですが、演出がよかったのかまったく飽きずに最後まで観ることが出来ました。


公式サイトはこちら