映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

2010年にみたDVDを振り返る

こんばんは。今日は晩御飯を24時過ぎに食べたいとっとです。
夜、寝る前にご飯を食べると太ってしまいやすいのであまり夜遅くにご飯を食べたくないのですが、でもだからと言ってご飯を食べずに寝ようとしても空腹過ぎて眠れなくて、結局寝る直前になにかを食べる羽目になるのは目に見えていまして、だったら多少遅い時間であっても晩ごはんはさっさと食おうぜ!と思うことにしています。
お腹が空いたらご飯を食べればいいんだよ!!


いきなり話がそれてしまいましたが、冬らしく寒い日が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか(←これ、昨日と同じ出だし)。
おそらく、一日一日と近づいてくる年末年始休暇を楽しみにしながら毎日の勉強や仕事をこなしているんじゃないかと勝手に想像しているわけですが、それにしても年末というのはわけもなくワクワクしてしまうものでして、年末好きなわたしは「今は年末」と思うだけで生きる気力がわいてくるような気がします。


さて。
年末といえば今年一年を振り返るのが毎年恒例となっていますが、今日は今年観たDVDをまとめることにします。

初恋

初恋 [DVD]

初恋 [DVD]

感想リンク

Leap Year

感想リンク



何と今年一年間で観たDVDは2本だけでした。。。
正確には自宅に買い置いてあるDVDはそれとなく流して観たりしますが、レンタルしたり買ったりして観たのはこの2本だけでした。。。
# そしてこれも正確に言うと「Leap Year」は飛行機の中で観たのでお金は払ってないっていう...


さすがに2本ってことはないだろうと思っていろいろと調べてみたところ、今年の5月にはTSUTAYAのカードの有効期限が切れているという事実を発見してしまいどうやら本当に2本しか観てないようです。ブログにも2本しかエントリーが上がってないし...。
以前から映画館と自宅で観る映画の本数はかなり乖離していて、映画館を10とすればDVDは1くらいの割合だったのですが、今年は映画館:自宅の比率が80:1くらいにまでかけ離れてしまいました。


こうなった一番の理由は明白でして、わたし自身が映画は映画館でしか観ないと自分ルールを作っているからです。
何でそんなルールを作っているのかと言うとその理由としては以下の3点が挙げられます。

    1. 映画館で観るのが好き
    2. 自宅だと落ち着いて見られない
    3. 鑑賞本数が増え過ぎないための配慮


どれももっともらしい理由ですが、一番大きいのは鑑賞本数制限ですね。
わたしは何事に対してもはまりすぎて収集がつかなくなるケースが多くて、時にはそれが災いして周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。過ぎたるは及ばざるがごとしとはよく言ったもので、やり過ぎるくらいだったら最初から配慮しとけというのが一番の理由です。


というわけで、今年はほとんどDVDを観られない一年でしたが、そのかわり映画はたくさん観られたのでよしとしようと思います。