映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「RED」見たよ


元CIAのトップエージェントのフランク・モーゼス(ブルース・ウィリス)は、静かな引退生活をしていた。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラ(メアリー=ルイー・パーカー)との電話の会話。しかし、かつて関わった秘密の任務が原因でCIAから狙われるハメに…。フランクは、CIAから、コードネーム “RED”(退職者した超危険人物)と呼ばれていたかつての“仲間”たち(モーガン・フリーマンジョン・マルコヴィッチ)の元へと向かい、CIAが守ろうとする巨大な陰謀に対抗する。さらに元MI6の美人スパイ(ヘレン・ミレン)や旧ソ連のスパイも加わり、事態は予想もつかない結末を迎えようとしていた ――。

RED/レッド 映画作品情報 - シネマカフェ

TOHOシネマズ宇都宮にて。


自分よりもずっと年下の女性にうつつを抜かしている暇な爺さん...かと思いきや「どんな事態も知恵と腕力で切り抜けてみせる超切れ者の元CIAのトップエージェント」という役をブルース・ウィルスが演じているのですが、このギャップがまたすごく面白く感じられます。
見た目と正体とのギャップの大きさがすごく楽しいと感じる一番大きな要因だったと思うのですが、それに加えて彼の仲間として登場するモーガン・フリーマンやマルコヴィッチもまた、一見穏やかそうに見えながらもそれぞれがものすごい強さを秘めているという意外性がとても楽しく感じられました。


世の中、人は見かけによらないというか、年寄りがぼけーっとしているからといって何を言っても大丈夫だろうなんて甘い気持ちで年寄りのことをいじろうものなら、言葉を発して2秒以内にでぶっ飛ばされそうです。
本作が主張したいのは年寄りを大事にしようぜ!っていうことで間違いないですね!!*1


と、基本的にはとても面白い作品でしたが、実際に見て感じたのはものすごく粗い作品だということです。
ストーリーの構成はすごく雑で、ドーンでバーンでハイおしまい的なそんな印象を残しました。
「面白いんだからそれでいいじゃん!」と言われたら私はそれに対して返す言葉見つからないのですが、でもまったく作る気のなさそうな手抜き料理を出されているようなそんな寂しさを感じてしまいました。レストランで食べたおいしい料理は実は冷凍食品でした的なそんな違和感。
伝わるかなー...。伝わんないかもなあ...。


公式サイトはこちら

*1:なんて、嘘ですがw