映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「洋菓子店コアンドル」見たよ


伝説のパティシエと呼ばれながら、8年前にケーキ作りを突如としてやめてしまった十村遼太郎(江口洋介)と恋人を追って鹿児島から東京に出てきた臼場なつめ(蒼井優)。2人は都内で評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で出会う。なつめは見習いとして「コアンドル」で働き始め、スタッフ、常連客に支えられながら、一生懸命に自分の居場所を見つけようとする。そんな彼女の姿に、次第に十村の心は動かされいくが…。

洋菓子店コアンドル 映画作品情報 - シネマカフェ

TOHOシネマズ宇都宮にて。


予告が既に危険な雰囲気をまとっていたのでまったく覚悟していなかったといえばそれは嘘になりますが、でも蒼井優江口洋介が出るということでそれなりに楽しい作品になるんじゃないかという希望はもっていました。
ところが実際に始まってみれば、見どころが無いばかりか一体何を見せたい作品なのかがさっぱり分からず、終始この作品が伝えたいことは何なのかと言うことを考えながら見る羽目になりました。鈍感なわたしでもさすがに「この作品はなつめの成長を描きたいんだろうな」ということは文脈から読み取れることができたのですが、でも率直に言ってなつめは最初から最後までほとんど成長したと感じる点はなかったのです。


「何が言いたかったのかは想像出来るけど、でも実際は何を言ってたのか全然分からない」という状態。


何で怒り出すのかよくわからない"なつめ"。パティシエとしての才覚があるのかどうかもよくわからない"なつめ"。
る実力もないのに思い込みばかり激しくて、そのくせ行動力だけはあるもんだから周囲に迷惑ばかりかけているという、そういう印象しか残りませんでした。
もちろん前向きに彼女の行為や発言を受け止めてあげれば、なつめはそれなりのキャラクターとして輝くのかも知れませんが、でもこの作品の中ではそういった魅力が決定的に欠けて描かれているためにまったく惹かれるところがありません。雷桜ですら「蒼井優が主演」というただそれだけの理由で悪くない作品認定してしまったくらいの蒼井好きのわたしですが、この作品はないです。
描きたいものがまったく描けていないとわたしは感じたのです。


細かい見どころについては無かったとは言いませんし、全体的にここで書いたほど悪い作品だったとも思っていません。
たぶんこの作品のいいところを挙げたとすればそれなりにたくさん褒められるのですが、どうしてもこういう中途半端な作品になってしまったことが腑に落ちない作品だったので今回は欠点についてのみ言及してみました。


公式サイトはこちら