映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「大鹿村騒動記」見たよ


鹿料理のレストラン「ディア・イーター」を営む風祭善(原田芳雄)は、300年の伝統を持つ村歌舞伎の公演を間近に控え、準備に勤しんでいた。そこへ、18年前に駆け落ちで村を離れた能村治(岸部一徳)と善の妻であった風祭貴子(大楠道代)が現れた。貴子は前頭葉に疾患があり、彼女の記憶障害に悩まされている治は、「善ちゃん、どうしようもなくて…返す」と言う始末。変わり果てた元妻を前にして、善は治を何度も殴りつけるが、気が晴れない。結局、駆け落ちしたことすら忘れた貴子を、治と共に店に住まわせることに。そんな中、大鹿歌舞伎は公演日が迫っていた。貴子は、18年前に演じていた役柄のセリフだけはしっかりと記憶していたが、ある日、彼女の記憶が突如として蘇り…。

大鹿村騒動記 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮にて。


作品に関する情報としては劇場で見かけたポスターくらいしかなくて、どういう作品なのかまったく予備知識もなく観に行ったのですが*1、年を重ねることで出てくるさまざまな悲しみを年を重ねた人たちが生み出すほっこりとした笑いで包み込んだ心温まる作品でした。
いつもは否定的にとらえられがちな村社会の閉鎖性や老いというものをとても前向きに描いていたのが印象的でしたし、真剣なんだけどどこかくだらなくてついつい笑わずにはいられないさじ加減のよさもとてもよかったです。


あと気になったのはキャストの豪華さ!
主役にしてもいいくらいの人や名わき役と呼ばれる人たちをたくさん集めているだけではなく、それぞれがちゃんと一人のキャラクターとして浮き上がってくるようにしっかりと描かれていたのもよかったです。ただ、スポットライトを当てる人が多過ぎたためかちょっと盛り込み過ぎな感も否めません。善ちゃんと治と貴子の話にしぼってもう少し話を掘り下げたらもっとよかったかも知れません。


ただこの作品を観て一番びっくりしたのは、大鹿村というのが実在の村だということを知ったときでした。
もし大鹿村に本当にディア・イーターがあるんだったら、鹿カレー食べてみたい!


公式サイトはこちら

*1:事前に何も調べないのは今回だけみたいな書き方をしてますが、実はいつものことだったりします