映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「マリリン 7日間の恋」見たよ


1956年ハリウッドスター・マリリン・モンローが、ローレンス・オリヴィエ監督・主演の『王子と踊り子』撮影のため、ロンドンにやってくる。映画スタッフからも、国民からも歓迎されるマリリンであったが、初めての海外での撮影のプレッシャーや夫・アーサー・ミラーとの確執により、毎日撮影に何時間も遅刻するようになる。歓迎ムードだった周囲の態度が急変し、特にオリヴェエはマリリンに冷たくあたる。マリリンは、第三助監督のコリンになぜ皆の態度が冷たくなった理由を聞くと、客観的で的確な答えをもらう。それ以来コリンのことを信用し、次第に2人は親密な関係に発展していくが…。

マリリン 7日間の恋 映画作品情報 - シネマカフェ

TOHOシネマズ宇都宮で観てきました。


ミシェル・ウィリアムズが出ている作品は「彼が二度愛したS」と「シャッター・アイランド」くらいしか観たことがないのですが、彼女の演技や表情はすごく印象に残っていて、自分の中では「出ているだけでその作品が観たくなる女優」という位置づけになっています。

と言いつつも一昨年話題になった「脳内ニューヨーク」や昨年人気を博した「ブルーバレンタイン」は近くでの上映がなくてまだ観ていなかったりするわけですが、それでもすごく惹かれる女優さんなのです。

そんな彼女がマリリン・モンローという誰もが知っているスターを演じるということで、最初からグッとハードルを上げられた状態を彼女がどうクリアしてみせるのか期待を抱いて観に行ってきました。


で、作品を観ての感想なんですが、ミシェルの演技についてはもう文句なしによかったです。私はリアルタイムでマリリンを見ていたわけではありませんが、わたしの中にイメージとしてあった「見るものを惹きつけてやまない美貌とカリスマ的なキャラクター、そして天性の演技力でスターとしての地位を得ていたマリリン・モンロー」という人物を見事に演じていてよかったです。

公私それぞれの表情や態度の違いはいかにもスターといった感じでしたし、奔放さや繊細さがすごく伝わってきました。最初に書いたとおり「カリスマ性のあるスターを演じる」というのは難しいと思うのですが、最後まで違和感なく演じていたのはすばらしかったです。

適度にムチムチしたセクシーな体型やはれぼったくてしっとりとした唇は真似ようと思って真似られるものじゃないですよね。


ただ、個人的にはミシェルよりもルーシー役のエマ・ワトソンの方がすごく魅力的に見えました。



ホントかわいい!

いままでは「ハリー・ポッターに出てる女の子」という印象しかなかったのですが、一気に気になる女優ランキングの上位に飛び出してきました。いままでエマと言われたらエマ・ストーンのことを思い浮かべることが多かったのですが、これからはエマ・ワトソンのことを思い出してしまいそうです。


あと、作品全体の印象としては演出も展開も抑揚を抑えて淡々と語られているなという印象を受けました。
決してつまらないわけではないのですが、盛り上がりも盛り下がりも特にないために全体として見ればかなりすごく大人しい作品という印象を受けました。


ラブロマンスというには胸がキュンキュン高鳴るシーンが足りなかったかな。



公式サイトはこちら