映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「ソウル・サーファー」見たよ


ハワイの海とサーフィンをこよなく愛する少女、ベサニー(アナソフィア・ロブ)。13歳のとき、彼女はサーフィン中にサメに襲われ左腕を失ってしまう。一度はサーフィンと決別したものの、サーフィンへの思いを捨てられない彼女は、家族と支えで厳しい訓練に耐えながら、競技者としてサーファーの道を目指すことに。果たして、彼女はサーファーの頂点に立つことができるのか?

ソウル・サーファー 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮で観てきました。


サメに片腕を食べられてしまった少女ベサニーが、片腕を失いながらも再度大好きなサーフィンに挑戦するというお話なんですが、もう超よかったです。腕を失うという想像を絶する悲惨な状況におちいっているのに、自らの中からわきあがる好きを信じてそれを貫こうとするベサニーの姿につよく胸をうたれました。

感動した!というのともまた違うのですが、自身の置かれている状況に屈することなく、常に前を向いて進もうとするまなざしのまっすぐさや強さは見ているだけで胸の奥の方がざわざわしてくるんですよね。


人は誰でも「何を失ったとしてもこれだけは失いたくない」というものが必ずひとつはありますが、ベサニーにとってはサーフィンがまさにそれだったわけです。そのサーフィンへの想いの強さを杖がわりにして、再度立ち上がって自らの足で自らの人生を歩こうともがくベサニーの姿がグッときました。


ちなみに本作は実話ベースの物語だそうでして、エンドロールではベサニー本人の映像が出てきます。
作中で描かれていたとおり、明るく元気な姿が映し出されていたのですが、実はこれを観るまでは「映画に出ているベサニーは実は本人なんじゃないか?」と思っていたのです。というのも、腕を失って以降のシーンでベサニーの肩から先のない腕を何度も映し出していたのですが、それがもうあまりにリアルで本当に腕がない人のように見えたからなのです。


もちろんCGかな?と思ったりもしたのですが、あれだけそれっぽく見せられるともう本当に腕がないとしか思えなかったんですよねー。観終えてからずっと「あれどうやって撮影したんだろう...」ということばかりが気になってます。



ほんとおもしろかったなー。


公式サイトはこちら