映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「ネイビーシールズ」見たよ


ウサマ・ビンラディン暗殺を遂行した米軍特殊部隊「NAVY SEALs」。国家の最高機密作戦に従事する、過酷な訓練を通過できたわずか数パーセントの精鋭で組織される対テロの特殊部隊である彼らに新たなミッションが。内容は誘拐されたCIAエージェントの救出。しかし事件はテロ計画の入り口だった――。

ネイビーシールズ 映画作品情報 - シネマカフェ

TOHOシネマズ宇都宮で観てきました。


ビン・ラディン暗殺を行ったとされるアメリカの特殊部隊のテロとの戦いを描いた作品でしたが、すごくよかったです。
FPSを意識したと思われる戦闘シーンはどのシーンも臨場感があって楽しめましたし、テロ一味と特殊部隊のカーチェイスもかなり迫力があっておもしろかったです。

国のため、そしてその国に住んでいる大事な人のため、さらにいっしょに国を守っている仲間のために自らの命を削りながら戦う姿には胸が熱くなりました。自らの体で大事なものを守るのってすごくかっこいいですよね。

ただ、一方ではその戦いがあまりに激し過ぎるために誤射や巻き添えを食らって命を落とす民間人もいるわけで、そういったことがまたもやテロを生み出す温床にもなっているわけです。こういう負の再生産の現場を見るのはすごく切ないし、まるで賽の河原積みのような終わることのない地獄の一端を見てしまったようないいようのない気分にもなりました。


ひとつだけ残念だったのは、後半に出てきたあるテロ用の兵器をもっと活用して欲しかったなということです。

テロをする側/阻止する側の激しい攻防を描いた作品と言えば「ブラック・サンデー」がまっさきに思いつくのですが、あのくらいギリギリの攻防が見たかったのでその点ちょっと物足りなさをおぼえました。

実話ベースだそうなので改変するわけにもいかないししょうがないんでしょうけど...。


(関連リンク)


公式サイトはこちら