映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

よそ見運転は止めてくれ!/「I'M FLASH」見たよ


新興宗教団体“ライフイズビューティフル”の若き三代目教祖、吉野ルイ(藤原竜也)は、そのカリスマ性でマスコミにも多々取り上げられ、日本全国の注目の的となっていた。だが、セレブ並みの生活やそこで繰り広げられる半ばインチキなTVショーにうんざりしていたルイはある夜、ミステリアスな美女・流美に出会う。彼女の魅力に惹かれていくルイだったが、その夜に車を飛ばした2人はバイクと衝突。奇跡的にルイは軽傷だったが、横に乗っていた流美は植物状態になってしまい…。

I’M FLASH! 映画作品情報 - シネマカフェ

MOVIX宇都宮で観てきました。


予告からはちょっと危うげな空気を感じたのですが、大好きな藤原竜也松田龍平の二人が共演するというたいへん貴重な作品でしたので覚悟を決めて観に行ってきました。


結論を先に書くと、ストーリーも演出も思いのほかとてもよくてかなり楽しめました。おもしろかったです。

最初に結末を描いてからそこに至る過程を描くという構成はさほど珍しくもないのですが、そこに新興宗教を舞台に組み立てられたユニークなストーリーと、個性的なキャラクターが加わることでとてもおもしろく感じられました。藤原竜也はこういうつかみどころのない役が本当にうまいし、松田龍平は他人に興味のない役がすごく似合うなとキャスティングのフィッティングのよさが光っていた気がします。


安っぽいと言われていたストーリーもそのチープさがむしろほどよい味わいになってましたし、映像や演出も割と好きな感じでして大満足な出来でした。意外にも...と書くと怒られそうですが、これは意外にも大好きな作品です。


そんなわけで、基本的にはとてもおもしろかったのですが、唯一どうしても嫌だったのは水原希子がよそ見運転をするシーンが多過ぎたところです。運転そっちのけで助手席に向けて冷ややかな視線を送ったり、感情的になって声を荒げて叫ぶシーンは、観ててプルプルと震えが止まらないくらいに怖くてしょうがありませんでした。
わたしはものすごい小心者なので、誰かがよそ見運転しているのをみるだけでどこかにぶつかっちゃうんじゃないかとすごい怖いと思うし、さらにこの作品のよそ見運転はものすごい長時間のよそ見だったのでもうシャレにならないくらいビビッてしまいました。

「お前の気持ちは分かったからとりあえずよそ見運転はやめろ!」と心の中で叫んでしまいました。


ほんとよそ見運転は止めましょうよ...。


公式サイトはこちら