映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「コロンビアーナ」見たよ


1992年、コロンビアに住む9歳の少女・カトレアの目の前で、マフィアの大物の差し金により愛する家族が惨殺された。必死に逃亡し、叔父を頼って米国シカゴに辿り着いた彼女は心に誓う―“いつか復讐を”。15年後、美しく成長したカトレア(ゾーイ・サルダナ)は凄腕の殺し屋として暗躍を始めるのだが…。

コロンビアーナ 映画作品情報 - シネマカフェ

フォーラム那須塩原で観てきました。


両親をマフィアに殺された女の子が殺し屋になってマフィアに復讐をするというお話でしたが、見どころは割とあったものの全体としてはいまいち面白味に欠ける印象を受けました。

具体的には両親が殺されてからアメリカにたどり着くまでや、大人になったカトレアが警察に侵入して目的を果たすシークエンスはおもしろくてかなり興奮したのですが、中盤以降はつじつま合わせに終始するところや演出の粗がたくさん目についてしまい正直のりきれないまま終わってしまいました。

カトレアの身元がばれてしまうきっかけとなる出来事が一番記憶に残っているのですが、ちょっと強引過ぎて信憑性がなさすぎるように感じたんですよね。


前半がよすぎた弊害なのか、それとも単に後半失速しただけなのか分かりませんが、もうちょっと頑張ればすごくおもしろくなったようで惜しい気がする作品でした。



公式サイトはこちら