映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「プラチナデータ」見たよ


国民的なベストセラー作家・東野圭吾によるミステリー小説を二宮和也豊川悦司共演で映画化。

プラチナデータ 映画作品情報 - シネマカフェ


TOHOシネマズ宇都宮で観てきました。


二宮君のウィスパーボイスによって放たれる「プラチナデータ」という一言が気になる人続出(一部界隈)だった本作の予告ですが、わたしも暇を見つけては何度も真似してしまうほどあの予告は気に入ってしまいました。気に入ったというか気になるというか、とにかくどうしても忘れられないうえについ真似してしまうような魅力があったために、とりあえず本編のどういう流れであのセリフが放たれるのか観てやろうと思い立って観に行ってきました。


まず、本編を観ての感想は想像していたよりもおもしろかったです。

原作は未読なのですが、ストーリー展開はまさに東野圭吾さんの著書らしさ満載でして原作のエッセンスがきっちりと入っていることをうかがわせる内容でした。二転三転するストーリーや、大事そうに見えたキャストもあっさりと退場させてしまう強引さに最後までまったく飽きることなくたのしく鑑賞できました。わりと込み入った話だと思うのですが、分かりにくい部分はほとんどなくて状況説明や語りがとてもうまくて工夫されているように感じられました。

一部、原作からストーリーを抜き出して再構成するにあたりエピソードを削ったためなのか話がつながって見えてこない部分もありました。その見えてこない部分がじつはすこし気になっているのですが、でもストーリーの主軸を揺るがすような部分では無かったのでとりあえず気にしないふりをしてやり過ごしました。この部分を補完するためにも一度原作を読んでみようかな。


プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)


ただ、「思っていたよりもおもしろかった」と前置きしたうえで、じゃあこの作品が好きなのかどうか考えてみるとあまり好きな作品ではないなと思いました。



公式サイトはこちら