読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「ベルリンファイル」見たよ

映画


ベルリンに常駐する韓国国家情報院の要員チョン・ジンスは、アラブ組織の武器売買を監視中に、国籍不明、指紋さえ検出されない通称“ゴースト”と呼ばれる北朝鮮の秘密要員ピョ・ジョンソンの存在に気付く。同じころジョンソンは、ベルリン市内に現れた北の秘密要員トン・ミョンスから、妻で大使館の通訳官ヨン・ジョンヒに二重スパイの疑いがあることを知らされる。妻の嫌疑を晴らすためジョンソンは奔走するが、彼女が亡命を企てていることを知り愕然とする。告発したミョンスの狙いは? ジンスは敵か味方か? 世界を巻き込んだ戦いが“陰謀都市ベルリン”で始まる――。

ベルリンファイル 映画作品情報 - シネマカフェ


MOVIX宇都宮で観てきました。


ベルリンで南北朝鮮がケンカをおっぱじめて大騒ぎというお話でしたが、終始緊張感のある展開が続いて飽きることのない作品でした。

ただわたしは歴史自体にあまり興味がないので南北朝鮮のいさかいにもまったく興味がわいてこなかったし、そもそも朝鮮半島の人たちが争う舞台がなぜベルリンなんだっけ?というところや達者な韓国人俳優に比べて外国人俳優(もしかしてエキストラ扱い?)の人たちの棒演技があまりにひどくてそれが気になってしまい映画そのものはさほど楽しむことは出来ませんでした。観ていてハラハラドキドキというのは感じましたが、でもそのことがおもしろいと感じる方向とは結びつかなくてぜんぜんおもしろさが分かりませんでした。

評判が悪い作品ではないので、この作品のよさが理解できなかったことが少し残念です。


公式サイトはこちら