映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「陽だまりの彼女」見たよ


新人営業マンの浩介(松本潤)は、仕事の取引相手として中学時代の幼なじみ・真緒(上野樹里)と偶然再会する。かつて“学年有数のバカ”と呼ばれていた冴えないイジメられっ子だった彼女は、当時とは見違えるほど魅力的な女性に変身していた。十年ぶりの運命的な再会。幼いころの純粋な想いを取り戻した2人は、恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし真緒は、誰にも知られてはいけない、“ありえない秘密”を抱えていた…

陽だまりの彼女 映画作品情報 - シネマカフェ


MOVIX宇都宮で観てきました。

この作品の原作は読んだことがあるのですが、文章は非常に読みやすかったものの本書に付けられていた「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」という売り文句から期待していた内容とはまったく相容れない内容にこんな売り文句を付けないで欲しいと憤ったことばかり記憶に残っています(原作の感想)。

そんなわけでこの小説が映画化されると聞いた時もさほど観たいとは思わなかったのですが、主演が上野樹里松潤というわたしが大好きな二人だったことに加え、監督はこれまた大好きな三木孝浩監督がメガホンを取ると聞いて「もうこれは観に行かなくては!」と手のひらを返すように興味をもっちゃいました。

そしてその後公開された予告もたいへん魅力的でおもしろそうでしたので、公開直後にすぐ観に行ってきました。


まず作品全体の感想としてはもう何もいうことがないくらいたいへんよかったです。

原作があれほど気にくわなかったので楽しめないことも覚悟して観に行ったのですが、原作を読んでいた時にはすごく違和感をおぼえた点も忠実に映像化されていましたがその点もまったく気にならずむしろ「いい話だなー」と思ってしまうほど素直に楽しめてしまいました。
二人が再会するまでの流れや仲良くなる部分の自然な展開、そしてオチを予想させるシーンもあからさますぎない程度にうまく演出されていて原作に対して抱いていた不信感はどこへやら、初めて知る物語を追いかけるような新鮮な気持ちで見入ってしまいました。


そしてやはり一番素晴らしいなと感じたのは、浩介と真緒が共に過ごした短い時間が本当に幸せそうに描かれている点です。

そもそもこの物語はややファンタジーな設定ではあるものの、本質的にはラブストーリーなわけですから基本的に観ている人がキュンとするシーンがないとお話にならないわけです。最近観たあるラブストーリーな映画(邦画)はこのあたりの発想がすっぽりと抜け落ちていて、「映像はすごくきれいだし出ている人も魅力的なんだけどまったく響いてこない」作品でして心底がっかりしたわけですが、この作品ではそういったことはなく胸をわしづかみにされるシーンがまんべんなく散りばめられていてキュンキュン要素には事欠きませんでした。

ソラニン」や「僕等がいた」のことを思い出すにつけ、おそらく監督の演出がすごくうまいんだろうなと思うわけですがそれにしてもこんなに胸キュン(死語)要素が食傷気味にならないバランスで詰め込まれているのはもはや職人芸としか言いようがありません。


そしてキャストがまた本当にいいんです。

主演の二人についてはさんざん褒め倒したのでこれ以上は何も言いませんが、中学時代のエピソードで出てきていた浩介と真緒役の子が本当の中学時代ではないかと思ってしまうくらいビンゴな配役でした。




そして見た目だけではなく、二人とも演技がとてもうまかったのもかなり高評価でした。


あとすっかり忘れていましたが玉鉄も出てたんですよね。
上野樹里と玉鉄と言えばどうしても「素直になれなくて」を思い出してしまって情緒不安定になりそうになったのですが、観てみたらそんな不安はどこへやら「笑いのとれるイケメン」玉鉄の魅力が十二分に引き出されていて玉鉄ファンにはたまりませんでした。


キャストと監督に思い入れがあり過ぎて冷静な評価になってない気もしますが、とにかくたいへんよい作品でした。
今年観た邦画の中でも指折りの傑作です。


(関連リンク)


公式サイトはこちら