映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「タイピスト!」見たよ

1950年代フランス。自由を求めて社会へ飛び出そうとしていた女性たちの憧れの職業は「秘書」。その中でも最も高いステイタスを得られるのは、当時一大競技として人気だったタイプライター早打ち大会で勝つことだった。田舎から出てきたローズは、保険会社を経営するルイの秘書に応募し採用となるも、一週間でクビを言い渡される。しかしローズの唯一の才能“タイプの早打ち”を見抜いたルイは、彼女と組んで世界一になることを条件に出す。そしてこの日からローズの特訓の日々が始まり――。

タイピスト! 映画作品情報 - シネマカフェ


フォーラム那須塩原で観てきました。


女の子憧れの職業である秘書になるために田舎から出てきた子が、タイピングの素質を認められて世界一を目指すというお話でしたが、これがもう何も言うことがないくらい超おもしろかったです。

秘書としての職能などまったくないローズがタイピングの才能を買われて雇われ、秘書の仕事もそっちのけでイケメン社長にまいにち早打ちを鍛えてもらいその技能を磨いていくというスポ根パートと、そのイケメン社長との身分差を超えて育まれるラブストーリーパートが、ひとつひとつのエピソードを折り重ねるようにして組み上げられた結果できあがった物語は、なんとわたしの大好きなシンデレラストーリーでした。



# タイピングのために厳しく鍛えられるローズさん



# まだ一本指打ちしかできないローズさん


田舎から出てきた大したとりえもない女の子が一躍時の人となってちやほやされたあげく大好きな人と結ばれるってベタすぎるくらいベタなシンデレラストーリーですよねー。でもホントこれがおもしろくて最初から最後までもうニヤニヤしながら観てしまいました。





そんなわけでとにかく物語がおもしろい作品でしたが、もうひとつよかったのは衣装や色彩感覚のすばらしさ!



一番上に貼ったローズの写真もそうですが、衣装がとにかくかわいらしいし、画面中に彩があふれていて観ているわたしも心躍らずにはいられませんでした。こういう色彩センスってフランス映画っぽいなあと思うしとても大好きです。なんでこんなにすてきな色使いができるんだろうなあ....っていうくらい魅力的でした。


映像も物語もほんとうにすばらしくて今年観た映画ベスト候補断トツトップとなる傑作でした。


公式サイトはこちら