映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「アメリカン・ハッスル」見たよ


完全犯罪を続けてきた天才詐欺師アーヴィン・ローゼンフェルド(クリスチャン・ベイル)と、そのビジネス・パートナーにして愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。遂に逮捕された2人は、イカれたFBI捜査官・リッチー(ブラッドリー・クーパー)に、自由の身と引き換えに捜査協力を強いられる。それは偽のアラブの大富豪を使って、アトランティック・シティのカジノの利権に群がる政治家とマフィアを罠にハメるという危険な作戦だった。ターゲットはカーマイン市長 (ジェレミー・レナー)。しかし、アーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がアーヴィンとシドニーへの嫉妬から捜査をブチ壊す動きを見せるが――。

アメリカン・ハッスル 映画作品情報 - シネマカフェ


TOHOシネマズ宇都宮で観てきました。

世界にひとつのプレイブック」は一昨年に劇場で観たなかでもわりと好きな方に分類される作品ですが、その作品の監督であるデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作である「アメリカン・ハッスル」も期待以上におもしろかったです。
「詐欺師がFBIにそそのかされて政治家をはめようとする」という概要だけ聞けばとんでもない話にも聞こえるのですが、実際に映画を観てみると登場人物もみな変わり者だけど共感できる人間臭い部分もあってすごく魅力的だし、物語はとても自然に展開してまったく違和感なく物語の世界に入り込めます。


さらにプレイブックほど個々の登場人物のアクが強くないためか、出てくる人たちの行動や発言にイライラすることも少なかったし、誰が誰を騙そうとしているのか、どこに物語を着地させようとしているのかがなかなか予想できなくて最後まで緊張感を保ったまま楽しく鑑賞できました。

このあたりなじみやすさというのは、実話をベースにしているというのも関係しているのかも知れませんがとにかくよかったです。


(関連リンク)


公式サイトはこちら