映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「青天の霹靂」見たよ


売れないマジシャン(大泉洋)、39歳のこの男。母にも捨てられ、絶縁状態だった父からは突然の訃報が届く。「俺は何のために生まれてきたのか…」絶望に暮れる彼に一閃――青天の霹靂。そして40年前の浅草にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは若かりし日の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)。ひょんなことから父とマジシャンコンビを組むことになった彼は、妊娠した母と父と時間を過ごすうち、次第に自身の出生の秘密が明らかになり…。

青天の霹靂 映画作品情報 - シネマカフェ


生まれる前の時代へとタイムスリップしてしまった主人公が、そこで父や母と出会っていっしょの時間を過ごすというユニークなお話でしたがたいへんおもしろかったです。劇団ひとりの初監督作品ということで、お笑い出身の映画監督の初作品はちょっとアレなことが多いので期待値はかなり低めに設定していたのですが、全体的にはやや不慣れな感じはあったものの、世界観がしっかりと安定していて安心して観ていられるたよい作品でした。

題材もすごく好きだしストーリーもおもしろいし、劇団ひとりのコントのようなおもしろいシーンもあるしで最後の最後まで楽しめました。

これが初監督作品というのはすごいと思うしとてもおもしろい作品でしたが、一番いいなと思ったのは親と同じ視点で生活をするというシチュエーションを違和感なく描いていた点です。

幼いころは親というのは絶対的な存在であって、細かいことに悩んだり一喜一憂したりなんてしないと思っていたのですが、いざ自分が同じくらいの年齢になってみると大人と言えども子どもと変わらず悩んだり小さなことに感情を起伏させている同じ人間でだったんだろうなと想像できるようになります。

そんなとき、「親と子」という枠を取り払ってあくまで一人の人間として見た場合に自分の親はどんな人間だったのか?というのはすごく気になることだったりします。本作はそういう視点を違和感なく提示してくれていたし、ダメなところもいいところもぜんぶ見せ合うような関係を親と築いている様子を見ていたらそのことに言いようのないほどの感動をおぼえました。


ちなみに、この作品を観る前の日に堂本兄弟というテレビ番組を観ていたら劇団ひとり大泉洋の二人が出ていてこの作品の裏話をいろいろと話していたのですが、そのせいですごく真面目なシーンもあれこれ思い出して笑ってしまいました。あのトークを聞いておいてよかったです。



@TOHOシネマズ宇都宮で鑑賞


公式サイトはこちら