映画館へ行こう

映画館で映画を観るのが大好きです

「人生の約束」観てきた!


会社の拡大にしか興味の無いIT関連企業CEO・中原祐馬(竹野内豊)の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で決別してしまった、かつての親友・航平から、ここ数日、何度も着信があった。胸騒ぎを覚えた祐馬が航平の故郷へ向かうと、そこで待っていたのは予期せぬ親友の死だった。町内会長の西村玄太郎(西田敏行)に話を聞くと、病に冒され余命僅かだった航平は、最後に曳山につながりたいと故郷の土を踏んでいた。事態を飲み込めない祐馬が線香をあげようとするも、航平の義兄・鉄也(江口洋介)は会社を追い出したあげく、航平からの電話を無視し続けた祐馬を許すことが出来ず、殴りかかってしまう。故人を惜しむ場が荒れるのを防いだのは、航平の忘れ形見ともいえる娘・瞳(高橋ひかる)の落ち着いた対応だった。かつての親友に子どもがいたことに驚く祐馬は、自分に何か出来ることはないかと瞳に聞くと、物憂げな瞳が重たい口を開いた。「西町から四十物町の曳山を取り返してくれますか?」。航平の故郷・富山県の新湊(しんみなと)にある四十物町(あいものちょう)では、前代未聞の曳山譲渡に町が揺れており、約束を反故にした新興の西町に、航平は最期を迎える瞬間まで抗議をしていたのだ。一方、東京では祐馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受け、祐馬は会社や仲間だけでなく、全てを失ってしまうことに。一人になってしまった祐馬だったが、たった一つだけ残ったもの、瞳との約束を守るため再び新湊に向かうと、そこでは祭りがすぐ間近に迫っていた――。

人生の約束 映画作品情報 - シネマカフェ


劇場で予告を観たときはそんなに惹かれなかったのですが、その後じょじょに気になってきてどうしても観たくなったので公開後しばらくしてから観に行ってきました。何となく想像していた内容とは違っていましたが、舞台となった土地の魅力が十二分に引き出されたわたし好みの作品でしてとても楽しく鑑賞しました。

話の内容はまったく違いますが、地方の魅力を見事に引き出していた「六月燈の三姉妹」のことを思い出しました。
鹿児島を舞台に撮られた作品なのですがめちゃくちゃおもしろいので未見の方にはおすすめしておきます。

六月燈の三姉妹  [DVD]

六月燈の三姉妹  [DVD]

さて。
本作は有名なIT企業の創業者としてバリバリ働く中原がいっしょに会社を立ち上げた親友を訪ねて富山をたずねるところから物語が動き出します。長く連絡をとっていなかった友人がなぜか連絡をくれたことに胸騒ぎをおぼえての行動でしたが、なんと友人は病気で他界してしまっていたのです。

その後いろいろとあってしばらく富山に滞在することになるのですが、なにごともビジネスライクに割り切って生きてきた中原が決してそんなふうには割り切れない地方の生活を目の当たりし、そしてそこで生きていたであろう盟友の死に思いをはせるわけです。

正直、全体的に作品の背景だとか登場人物のことについて説明不足、描写不足だと感じたし、そういうところがいかにも手を抜いているように見えて残念だと感じました。話の流れもしかり、登場人物同士のやりとりしかり、全部が予定調和すぎると感じたし、そこらへんをもうちょっとうまく見せてほしかったという不満はあります。

でもそういった不満よりも、この富山という土地の見せ方がとにかくすばらしくてさまざまなシーンで思わずスクリーンから目が離せないくらい魅了されてしまったのです。これはもう本当にすばらしかった。


灯台の向こうに見える立山連峰のすばらしい景色。

明媚な風景だけではなく日常の一コマを切り取っているシーンの数々。

お祭りのときの臨場感ある映像。


どんなシーンでもかならずそのどこかに見どころとでもいうべき部分が見つかると言っても過言ではないほど最高でした。好きなシーンが多すぎてどれがベストかとは決めがたいのですが、あえて挙げるのであればお祭り直前にみんなでお酒を飲んで川に飛び込むシーンがとても好きでした。



@MOVIX宇都宮で鑑賞